CONTENTS

“How much is FASHION?” オンラインブランド「EQUALAND」×グラフィックデザイナー「河村 康輔」のインスタレーション展示が神宮通公園に登場!

「ファッションの信用」を掲げるオンラインブランド「EQUALAND」。このたびグラフィックデザイナー「河村 康輔」とBEAMS、FREAK’S STORE、GLOBAL WORK、HARE、 nano・universe、SHIPS、UNITED ARROWSの7つのショップとタッグを組み、「How much is FASHION?」をテーマとしたインスタレーション展示を開催。

それぞれのショップから寄付いただいた既製品のTシャツの上から、国内外で活躍するグラフィックデザイナー・コラージュアーティスト「河村 孝輔」が、今回のために特別にデザインしたアートワークをリプリントし、シブハラフェス会期中、明治通りとキャットストリートの交差地点付近の「神宮通公園」にて、インスタレーション展示いたします。

さらには10月20日20時より、EQUALANDオンラインストアにて、リプリントしたTシャツ100枚を「ゼロ円(送料お客様負担)」で限定販売予定。詳しくはEQUALANDホームページにてご確認ください。

EQUALAND
“TRUST FASHION(ファッションの信用)”をテーマに掲げたファッションプロジェクト。工場に眠る余剰在庫の糸や生地をアップサイクルした製品づくりや、植物成分で染めたボタニカルダイTシャツなど、2019年8月にオンラインで活動スタート。
公式サイト: https://equaland.com

河村 康輔
グラフィックデザイナー、アートディレクター、コラージュアーティスト。
アート、ファッション、音楽、映画など国内外のさまざまなシーンでボーダーレスに活躍。新作を発表すれば瞬く間に売れていく人気のアーティスト。渋谷パルコの工事仮囲いに大友克洋「AKIRA」を使ったアートウォール作品「AD 2019」も記憶に新しい。今期のRakuten Fashion Week TOKYO のキービジュアルも担当している。
Instagram: @kosukekawamura

【展示日時】
2019/10/19(土)、10/20(日)
※状況により開催日時は前後する場合がございます

【展示会場】
神宮通公園(東京都渋谷区21 神宮前6丁目22−8)